<< #5 今は下がる時?それとも上... #3 弓なのに前に出るってどう... >>

#4 前線に変化が起こった場合の行動-弓スカウト編

前回、尻切れトンボになっちゃいましたが、
前線で敵前線の一歩奥を狙ってレインしましょう、と書きました。
その続きとなります。






さて、前線の一歩奥に居る敵ソーサラーや敵スカウトにレインを降らせれば、
結果としてこちらのウォリアーやソーサラーが動きやすくなります。
これは前回書いた通りなのですが、そうなると、前線にちょっとした変化が起こります。
今回はそのお話。


今のFEZの死亡フラグとして最も大きいものが
凍結(Root)と気絶(スタン)(Stun)だと思われます。
前者はソーサラーのスキル、ブリザードカレスやアイスジャベリン、
後者は片手ウォリアーのスキル、シールドバッシュで発生します。

まずはこの2つの違いを簡単に。

凍結(Root)…アイスジャベリンとブリザードカレス(以下、ジャベリンとカレスと略します)
と、そのスキルレベルにより凍結時間は変わりますが、
ジャベリン 4秒→6秒→8秒
カレス   10秒→12秒→14秒

という具合に伸びて行きます。
一度、凍結にかかったキャラクタは、30秒間の凍結耐性を持ちます。
凍結→凍結→凍結…というハメを防ぐための処置ですね。注意しましょう。

凍結は、移動不可能となり、その場にキャラクタが固定されます。
ただし、あくまで移動が不可能なだけで、スキルやアイテムの使用は可能となります。
ストライクスマッシュなどの移動系スキルは、移動はしませんが攻撃判定だけは発生します。
ウカツに近寄ると逆にダメージを受けてしまう、なんていう結果になることもありますし、
凍結ソーサラーに近寄ったらフリージングウェイブで吹っ飛ばされた、
なんていうのはよくあることです。

気絶(Stun)…シールドバッシュ(以下バッシュ)のレベルが上がると行動不可時間が
3秒→3.5秒→4秒 と伸びます。
こちらも、気絶をしたキャラクタは、30秒間のスタン耐性を持ちます。
間違って同じ人にバッシュを決めないように注意しましょう。

一方、スタンの方は、凍結では使用可能だったスキルやアイテムすらも使えません
完全行動不能時間となります。時間は短いですが、効果は抜群ですね。


さて、この2大状態異常が、現在の前線での死亡フラグとも呼ばれるバッドステータスですが、
基本的には凍結→スタンという流れで異常にさせられることが多いです。

なぜか?

ウォリアー、ソーサラーが自由に動けるようになると、
通称氷サラ―フリージングカレスを持ったソーサラーのことを指します―が

敵集団に対し、カレスを撃ち込む
    ↓
動けなくなったところに、片手ウォリアーがバッシュを決める
    ↓
フルボッコで敵死亡


という流れが起こりやすいからです。
基本的に、FEZでは(職業数が同じであれば)数=力なので、
前線で一人が死亡すると、援軍が来るまで少ない人数で―
つまり、不利な状況で戦わなければならない、ということになります。

さてここからが本題になるのですが、


凍結、スタンに対し、弓は出来る限り攻撃は加えません
それは、ダメージ被りだとか、低いダメージしか与えられない、という理由もありますが
それよりも、他にもっと重要な仕事があるからです


まず、敵が凍結→スタンとなったとしましょう。
味方ウォリアーはスタンした敵を倒すため、そこに集中します。

しかし、敵も不利になるようなことは避けるため、前線の人数を減らしたくはありません。
そうすると、スタンしたキャラクタを助ける必要があります。
または
スタンして動けない人数以上のこちらの兵を減らす必要があります。

つまり、スタンに群がる(=ターゲットが攻撃中で移動しない)キャラクタは、
『範囲魔法の的』
ということになります。

これを防ぐのが弓スカウトの仕事です。


最前線で凍結が起こる
     ↓
自軍は敵を倒そうとし、敵軍はそれを防ごうとし、密集する
     ↓
範囲魔法の的(両軍ともに)


この状況になった場合、凍結、またはスタンしたキャラクタの奥を狙います
…まあ前回説明したのとほぼ同じなんですが、
魔法でフォローに来る敵ソーサラーをレインなどの大範囲で一気に邪魔し、
味方ウォリアー、ソーサラーのフォローをする

というものが、前線に変化が起こった場合の主な仕事となります。


どうしても誰も凍結にダメージを与えに来ない!
なんていう場合にはパワーシュートも一つの選択肢ではありますが、
カレスの場合は最大14秒も時間があります。
まずは周囲をぐるっと見回しましょう。

ウォリアーが凍結した敵に向かっていませんか?
ソーサラーが凍結した敵に魔法を詠唱していませんか?


ならばそれを援護することこそ、弓スカウトの重要な役目なのです。
これは弓が最大射程を誇るからこそ出来る仕事で、
他の職には出来ないことです。

そして、凍結した敵を狙う味方を、その奥から狙うソーサラーに攻撃を当てるため、
凍結などが起こった場合は、意図的にもう一歩前にでる必要があります


これが上手く機能しないと、敵軍は少ない被害でこちらに大ダメージを与え、
こちらは敵軍に少ないダメージしか与えられず、下手をすると前線が押されることになります

前線が押されればその分戦闘がキツくなるので、この仕事の重要性がわかると思います。


さて、次回は前線から下がるべきか下がらざるべきか?
を考えたいと思います。


Point!!
 rァ 凍結、スタンした敵が発生したら、さらに一歩前に!
   rァ さらに奥から狙ってくるソーサラーやスカウトの邪魔をし、味方のフォローを!


 rァ 敵が凍結したら、あわてずにまずは周囲の確認を!
   rァ 最大14秒までの凍結時間を生かし、あわてて攻撃を加えないこと!

[PR]
by NATU_A_N | 2007-09-17 02:25 | スカウト
<< #5 今は下がる時?それとも上... #3 弓なのに前に出るってどう... >>